情報発信の必要性について

会社設立時における情報発信の必要性について

会社設立時における情報発信については、インターネットの存在が無視できません。例えば、新規の顧客をターゲット(既存の人間関係を対象とした会社ではない場合)とした会社設立時において、まず自社の情報を発信し、存在をPRしなければ顧客獲得は難しいと考えられます。特に、最近の個人の行動としては、①まずインターネットで基本の情報収集、②次に、口コミのチェック、③そして来店、といった事前に情報収集してからサービスを利用するといったケースが多いと考えられます。つまり、顧客が検索サイトで、「地名・サービス」を検索した祭、①自社が出てくるか、②自社の存在を顧客が知った際に、そのサービスを受けたいという気持ちにさせることが肝要です。

そのようなことを踏まえると、会社設立時には、ホームページを作成した情報発信は不可欠だと考えられます。但し、ここで言うホームページの発信とは、多額のコストをかけて煌びやかなページを作成することではありません。自身で無料でページが作成できるサービスを利用して、無料で作成することのほうがむしろ会社設立時における設立者の為人を知らせることに役立つでしょう。大切なことは、「会社設立・サービス」を知らせるという基本的な情報の発信に重きを置くことです。基本的な情報とは、そのサービスについて、①何時から何時までサービスを提供し、②価格(基本料金・オプション)がはっきりとしており、③場所が分かりやすく明示されているかどうかである。この点に関しての情報が顧客に伝われば、一通りの新規顧客に対するPRは出来たと考えられます。

次に、必要なことはリピーターの獲得です。会社設立時にそのサービスを受けた顧客が口コミによりインターネット上のサイトやSNSを通じて、自身が気づかないところで意見を述べていることは無視できません。仮に、自社サービスの落ち度に気がつかないままでいると瞬く間に口コミによる自社サービスのクレームは蔓延し、そのクレームは自社の存続に影響するほどのものになることも有り得ます。そうならないためには、顧客の口コミにも敏感に反応し、必要に応じて自社のサービスを見直す情報として取り入れることが重要です。また、自社で作成したホームページに顧客からのクレーム・ちょっとした意見や気づきを集めるページを設けることも、自社サービスの向上と自身が知らないところでの信用失墜への挽回とするポイントであると言えるでしょう。”